image photo

VALUE

image photo

マンションは
「住む」+「資産」で選ぶ。

半住半投

半分「居住」、
半分「投資」で資産形成。

初めは自分一人で住み、将来は投資として活用する。
そんなことを考えるなら、自分が暮らすマイホームとしての価値だけでなく
「貸す」価値にも優れた住まい選びが大切です。

半住半投シミュレーション

一人暮らしの場合

image photo
image photo
  • 自己居住

    交通アクセスや生活利便施設等、あなたの希望に合致した住環境に建つマンションを購入して「自分が住む」。

  • 賃貸

    地方転勤やライフスタイルの変化等さまざま理由で移住が必要になる場合には「賃貸(他人に貸す)」にして、その家賃収入を得る。

  • 売却

    マンションを「売却」して、売却資金で住宅ローンを完済し、新たなライフスタイルに合った住まいを購入する。

将来的な時代の変化にも対応する
コンパクトマンション。

マンション需要につながる  人口増加傾向の大田区。

人口増減率はその地域の「活力」を示す指標の一つです。「エリアイメージが良い」「利便性が高い」などの魅力がなければその地域の人口は増えません。活気があって人気のある区では住みたい人が多くなり人口も増えていきます。大田区では1995年以来、人口は右肩上がりになっており、今後もマンション需要は増えるものと思われます。

●大田区人口動態グラフ

●大田区人口動態グラフ
出典:国勢調査(平成27年)

コンパクトマンション需要を高める若い世代の転入増加。

大田区では2015年に転入増加となり、しかも、年齢別に見るとアクティブな20代で大幅な転入増加になっています。日常生活の利便性や通勤などのアクセスの良さが若者世代に支持されていると見られ、立地条件の良いコンパクトマンションの需要と合致します。

  • ●大田区年別転入転出グラフ

    ●大田区年別転入転出グラフ
    出典:国勢調査(平成27年)
  • ●大田区年齢別転入転出グラフ

    ●大田区年齢別転入転出グラフ
    出典:東京都住民基本台帳人口移動報告(平成30年)

今後のコンパクトマンション需要を高める女性単独世帯。

大田区では核家族世帯よりも単独世帯の方が多く、将来的な推計でも増加傾向にあります。単独世帯数で見ると30〜34歳、35〜39歳、40〜44歳のコンパクトマンションの購入層である女性単独世帯数についても年毎に数値が増えていく予測になっています。女性の単独世帯が安心して快適に住めるコンパクトマンションの需要は今後も大きいと思われます。

  • 将来
    予測
    核家族、単独世帯ともに
    増加が予測されている。

    ●大田区将来世帯数の推計グラフ

    ●大田区女性年齢(5歳階級)別単独世帯数の推計グラフ
    出典:大田区ホームページ「大田区人口推計」平成27年度国勢調査「人口等基本集計」等に基づく再計算(総人口・人口動態・世帯数推計)より
  • 将来
    予測
    中でも女性単独世帯では
    30代以降を中心に増加傾向。

    ●大田区女性年齢(5歳階級)別単独世帯数の推計グラフ

    ●大田区将来世帯数の推計グラフ
    出典:大田区ホームページ「大田区人口推計」平成27年度国勢調査「人口等基本集計」等に基づく再計算(総人口・人口動態・世帯数推計)より

シーンズ大森パークサイドの信頼大森の優位性

半住半投の条件を備えたシーンズ大森パークサイド

  • 1アクセス

    オンでもオフでも都心へのアクセスの良さは重要です。最寄りの京浜東北線は品川、東京、横浜など主要駅をダイレクトに結ぶアクセス性に優れた沿線です。

    image photo
    image photo
  • 2駅までの距離

    物件から駅までの距離は大きな判断材料に。距離はラクに歩ける10分程度の徒歩圏内が理想。また、本物件はフラットな道のりで、夜も街灯や店の明かりで道が明るく、人通りもあるので安心できます。

    image photo
    image photo
  • 3街の魅力

    スーパーやコンビニ、銀行、病院などが近くにあって、ファッションやグルメ、シネマなども電車に乗って出かけることなく、自分が住んでいる街で楽しめる。そんな魅力的な街「大森」は暮らしの価値を高めてくれるはずです。

    image photo
    image photo
  • 4発展性

    「品川」駅は超電動リニアによる中央新幹線の駅として2027年に開業予定。また、「羽田イノベーションシティ」も2022年にグランドオープン。将来的にも期待の高まるエリアです。

    image photo
    image photo

交通の利便性

賃貸・分譲を問わず住まい選びで重視されるのが通勤の利便性。「シーンズ大森パークサイド」からJR京浜東北線「大森」駅へ徒歩9分。京浜東北線には東京、品川、上野を始めとする新幹線の発着駅やターミナル駅が多いので、どこへ行くにも便利です。この優れたアクセス性が将来的に見ても、価値の下がりにくい物件のポイントとなります。

JR京浜東北線「大森」駅(徒歩9分/約650m)
JR京浜東北線「大森」駅(徒歩9分/約650m)

JR京浜東北線「大森」駅フラットアプローチ徒歩

京急本線との2WAY利用

周囲の環境性

物件の資産価値に大きな影響を与えるのは「立地」と言われています。それには最寄り駅の使い勝手のよさとともに、物件の環境性が重要となってきます。「シーンズ大森パークサイド」は全方位に買い物・医療・娯楽のいろいろな施設が充実。さらに隣接した公園からの豊かな緑や開放感も手に入れられます。資産価値を考える上でこの生活の便利さと快適な住み心地は重要な要素です。

※上の円グラフは4つの分野で現地からの徒歩分数の短い順に施設名をプロットしたもので、方角を表現したものではありません。

理想のプラン

初めは自分一人で住み、将来は投資として活用する。そのことを考えるなら、シングルが快適に感じる住戸プランや、最新の設備・仕様、セキュリティを備えていることが大切です。「シーンズ大森パークサイド」は日当たり、風通しのよい角住戸が中心のコンパクトプランを多彩に揃え、自分自身が暮らしやすく、将来の資産としても「貸す」「売る」ことがしやすいプランになっています。

map
  • 1シューズクローク
  • 2ウォークインクローゼット
  • 3ゆとりの寝室
    (セミダブル使用想定W1200)
  • 4トイレと洗面室の独立
  • 5対面式キッチン
  • 6可動式間仕切り
  • 7広々リビング
    (ソファ・ダイニングセット)
  • 8バルコニーに面した居室

※掲載の環境写真は、2020年10月に撮影したものです。※徒歩分数は、80mを1分とした概測時間です。※掲載の間取り図は計画中の図面を基に描き起こしたものであり、官公庁の指導、施工上の都合により多少変更になる場合がございます。