ロケーション|【公式】シーンズ大阪本町|Osaka Metro「本町」駅徒歩5分の新築分譲マンション

 洗練と心地よさの調和する、凛たる迎賓邸宅。

シーンズ大阪本町

DESIGN・LANDPLAN デザイン・ランドプラン

住の本質を充たす、洗練と心地よさを暮らしに。

三方道路の南東角地という立地ポジションを活かし、高い角住戸率と南向き中心の住棟配置を実現。
都市に相応しいレジデンスの創造をテーマに「シーンズ大阪本町」では
素材や植栽の選定から設備仕様に至るまで、そのひとつひとつを厳選しました。
洗練と風格さえ感じさせる邸宅に、暮らしの心地よさを凝縮しています。

外観完成予想図
外観完成予想図
外観完成予想図
外観完成予想図
洗練の都心に新しい風景を描く、
端正で整ったファサードデザイン。

DESIGN CONCEPT デザインコンセプト

緻密な建築意匠が、
街に相応しい表情を創り出す。

「伝統」と「新しさ」という両面の魅力を持つ本町。「シーンズ大阪本町」では、建築家「岩田章吾」氏を招聘し、洗練された都心に相応しい邸宅デザインを追求。建物のメイン
ファサードとなる南面は、シンメトリ一を意識した構成とし、マリオンの垂直線とバルコニーの水平線によって存在感に満ちた、明快かつ端正な表情を創出。さらに、マリオンとスラブによるフレームデザインと外壁の重なりが透明性と陰影を建物に与え、深い奥行き感をもたらします。建物の東西面はスラブによるボーダーデザインにより、全体の大きさをヒューマンスケールに分節。頂部にはコーニスをモダンに解釈した意匠を施して、オーセンティックな風格を。洗練の都心に新しい風景を描く邸宅が誕生します。

建築模型
建築模型

MATERIAL マテリアル

建物に豊かな表情を与える、
こだわりの素材選定。

端正なデザインを活かすため、「シーンズ大阪本町」では、素材感にこだわり、丹念にマテリアルを吟味。建物全体の印象を左右する外壁タイルには、表情豊かなレンガ調の45 四丁タイルを採用。マリオンやスラブは、レンガ調タイルと相性の良い石材調の仕上げとし、シンプルなデザインがより一層引き立つ素材を選定。素材へのこだわりは花崗岩乱積仕上げのアプローチにも活かされており、住まう方、訪れる方に、建物の存在感を深く印象付けます。また、バルコニーには陽光や照明に美しく映えるガラス手摺を採用。金属フレームの存在感を抑えることにこだわった手摺を用いることでシャープで軽やかなガラス素材がより一層際立ち、洗練された印象を纏います。

素材参考写真
都市に相応しい暮らしの表情を描く、風格のあるレジデンスの創造。

Architectural Design

岩田章吾氏

岩田章吾建築設計事務所 代表
一級建築士 工学博士
武庫川女子大学教授

岩田 章吾

《略歴》
大阪大学工学部建築工学科大学院卒業後、竹中工務店設計部勤務(1989~2005年)を経て岩田章吾建築設計事務所設立。
第16回人間サイズのまちづくり賞、第8回建築人賞受賞等、受賞歴多数。

Architect

1983年の創業以来、数々の集合住宅において
設計・監理を手がけ、豊富な実績とノウハウを有します。
凛とした空気感をたたえるエントランスホール。

エントランスは、躍動感に満ちた外界と一線を画す、凛とした空気感をたたえた空間。
照明を抑え落ち着いた雰囲気のホールに差し込む光が印象的な陰影、深い情緒を醸し出します。

エントランスホール完成予想図
エントランスホール完成予想図
静寂のエントランスに印象的な彩りを添える
壁面アート「A Z U L E J O 」。
壁面アート

エントランスの壁面に設置されるのは、アーティスト「石井春」氏が創作する、
ポルトガルの代表的な伝統芸術「A Z U L E J O(アズレージョ)」。
アズレージョは、様々な建築物に用いられる装飾タイルで、「シーンズ大阪本町」では、丹念に時間をかけてハンドメイドで
作り上げられるアズレージョを人を迎える空間のアートとして飾ります。
アズレージョの語源とも言われる「アズール」(ポルトガル語、スペイン語で「青」の意味)。
深みのある青い色合いのアズレージョが、
空間の格式を高め、印象的な彩りを添えています。

Art Design

石井春氏

アズレージョ造形作家

石井 春

《略歴》
1980年 アート活動を始める
1995年 ポルトガルにてアズレージョ制作を始める
2002年 ポルトガルFundaco Orieneteよりアーティスティック・レジデンシー授与
2010年 ポルトガル大統領よりoficial da Ordem do Mérito勲章を授与

参考写真

ポルトガル国立アズレージョ美術館 「陰翳と陽光 京都からリスボンへ 石井春展」
ポルトガル国立アズレージョ美術館 「陰翳と陽光 京都からリスボンへ 石井春展」
(制作年:2017)
Kintetsu HOTEL (制作年:2000)
Kintetsu HOTEL (制作年:2000)
京都駅前地下街ポルタプラザ (制作年:2008~2009)
京都駅前地下街ポルタプラザ (制作年:2008~2009)
京都水族館 (制作年:2011~2012)
京都水族館 (制作年:2011~2012)
武庫川女子大学 (制作年:2001)
武庫川女子大学 (制作年:2001)

アズレージョとは。

What is “azulejo” ?
ポルトガル芸術を代表する装飾絵タイル。ポルトガルでは、16世紀から現在に至るまで多くの国民に愛され、礼拝堂から駅構内、住宅の壁面などあらゆる建物に飾られている。製法は、陶器に類似しており、粘土板を正方形状に裁断し、1000度の高温で60時間焼く。その後、絵付けを施し、再度900度で30時間焼いて完成する。また、アズール(azul)は青い又は青の意味。azulejarは青色にする、彩色タイルを貼るの意。azulejoの語源はポルトガル語スペイン語のアズールからきている。

参考写真:ポルトガルの作品制作工房

参考写真
参考写真
参考写真
暮らしにも、街並みにも馴染む敷地計画。

SITE PLANNING 敷地計画

敷地の周囲が開けた、三方接道の角地。

現地は、南・東と北側を道路に面した三方接道の角地ポジション。
角住戸率を高めた住戸レイアウトと相まって開放的な住空間を実現
しています。

角住戸率/約75%

南向き中心
イメージ図
※掲載のイメージ図は、設計図を基に描き起こしたもので、形状、色等は実際と異なります。

Planting Design

都心邸宅に潤いを創出する植栽計画。

都心でありながら、靱公園等の緑が身近に感じられるロケーションの「シーンズ大阪本町」。海外でも有名な庭園デザイナーの福原成雄氏の監修により、「都会の中の里山」をテーマにして植栽を計画しました。日々の暮らしに潤いや彩りを創出します。

庭園デザイナー・景観アーティスト

福原 成雄

《略歴》
大阪芸術大学卒業。
1999年、イギリスTatton Parkフラワーショー日本庭園特別賞受賞。
2001年には、世界中の造園家の憧れであり、世界で最高の権威と伝統を誇るイギリスの園芸品評会「チェルシー・フラワーショー」で最優秀ガーデン賞を受賞。
大阪芸術大学の教授を務めるかたわら、世界各国で日本庭園の設計、作庭、技術指導などを行なっている。

参考写真

ソヨゴ
ソヨゴ
サルスベリ
サルスベリ
ヤマボウシ
ヤマボウシ
アオダモ
アオダモ
オオムラサキ
オオムラサキ
フィリヤブラン
フィリヤブラン
※植物の写真はイメージです。植栽は計画段階のもので、変更となる場合があります。
グッドデザイン賞
自然との共存を、これからも、ずっと。リビング&グリーニング

Daigasグループでは、国際生物多様性年(2010年)に自然共生社会に貢献するため「Daigasグループ生物多様性方針」を策定。この方針の下、分譲マンションシリーズにおいても生物多様性に関する取り組みを行い2016年にグッドデザイン賞を受賞しました。

地域の生物との共生をデザイン

植栽する樹種・花種については地域の植生を大切にしてセレクト。豊かな自然環境および生態系の保持に貢献することを目指しています。

ジ・アーバネックス京都松ヶ崎[集合住宅(分譲)2014年竣工]
ジ・アーバネックス京都松ヶ崎[集合住宅(分譲)2014年竣工]
ジ・アーバネックス神戸大倉山[集合住宅(分譲)2016年竣工]
ジ・アーバネックス神戸大倉山[集合住宅(分譲)2016年竣工]
京都リサーチパーク KRP9号館[オフィスビル(賃貸)2010年竣工]
京都リサーチパーク KRP9号館[オフィスビル(賃貸)2010年竣工]

※掲載の外観完成予想図、エントランスホール完成予想図は、設計図を基に描き起こしたもので、形状、色等は実際とは異なります。また、官公庁の指導、施工上の都合等により建物の形状・色調・植栽等に変更が生じる場合がございます。

※植栽は、計画段階のもので変更となる場合があります。また竣工から育成期間を経た状態を設定して描いています。雨樋、エアコン室外機、給湯器、TVアンテナ等、再現されていない設備機器がございます。また、周辺の建物等は省略しています。

※タイルや各種部材につきましては、実物と質感、色等の見え方が異なる場合があります。また、今後変更になる場合があります。

※建築模型は、計画段階の図面を基に製作したもので、実際とは異なる場合があります。