SCENES REPORTシーンズレポート

<工事進捗レポート>シーンズ上本町

9月度工事進捗状況

大阪ガス都市開発では、建設現場での定期的な打合せとして、工事全体の進捗状況の確認と協議を主とする「総合定例会議」や、建築・設備等の専門分野ごとに開催する「分科会」を実施しています。

これらの会議は、新型コロナウイルス感染症に配慮し、対面での開催は最小限とし、Web会議システム等を活用したリモート開催に努めています。

今月の工事進捗状況をご報告します。

■  ■  ■  ■  ■

↑屋上コンクリート打設状況

予定通り、上棟を迎えることができました。

↑内装クロス貼り状況

室内工事も下層階から進捗しており、仕上げとなるクロス工事も順調に進んでいます。

■  ■  ■  ■  ■

▽物件公式ホームページ

https://ogud.co.jp/scenes/uehonmachi28/

 

8月度工事進捗状況

大阪ガス都市開発では、建設現場での定期的な打合せとして、工事全体の進捗状況の確認と協議を主とする「総合定例会議」や、建築・設備等の専門分野ごとに開催する「分科会」を実施しています。

これらの会議は、新型コロナウイルス感染症に配慮し、対面での開催は最小限とし、Web会議システム等を活用したリモート開催に努めています。

今月の工事進捗状況をご報告します。

■  ■  ■  ■  ■

↑15階床コンクリート打設の状況

↑建物西面の外壁タイル貼り状況

先月に引き続き、建物西面(上町筋側)にも下層階より順次、タイルを貼っています。

 

 

7月の工事進捗状況

大阪ガス都市開発では、現場での定期的な打合せとして、工事全体に関する進捗状況の確認と協議を主とする「総合定例会議」や、建築・設備等の専門分野ごとに開催する「分科会」を実施しています。

これらの会議は、新型コロナウイルス感染症に配慮し、対面での開催は最小限に抑え、Web会議システム等を活用したリモート開催に努めています。

今月の工事進捗状況をご報告します。

■  ■  ■  ■  ■

 

↑全景写真 上棟に向けて順調に進捗しております。

↑13階床コンクリート打設の状況

↑外壁のタイル貼りの状況

 

6月の工事進捗状況

現場での定期的な打ち合わせとして、工事全体に関する進捗状況の確認と協議を主とする「総合定例会議」や建築、設備等の専門分野毎に開催する「分科会」を実施しています。

これらの会議は、コロナ感染対策を講じた上で、現地の参加者は最少人数とし、関係各社が広く参画できるようZoom等Web会議システムを活用し開催しています。

↑12階床コンクリート打設の状況

↑ボード貼り検査

住宅内の下地(薄い黄色の部分がボード)確認。クロスを貼る前の下地が適切に施工されているか検査を行いました。

 

↑断熱材吹付状況

壁に断熱材(壁に付着しているピンク色の部分が断熱材)を吹き付けしている写真です。断熱材を吹き付けすることにより、住戸内の断熱性を確保することが出来ます。

 

 

5月の工事進捗状況

現場での定期的な打ち合わせとして、工事全体に関する進捗状況の確認と協議を主とする「総合定例会議」や建築、設備等の専門分野毎に開催する「分科会」を実施しています。

 

現地での会議は、コロナ感染対策を講じた上で、最小人数での参加とし、その他関係者はZoom等のWeb会議システムを活用した参加で開催しています。

 

また定期的な打ち合わせに加えて、弊社では、工事工種毎に、作業する協力会社を含めた工事関係者が一同に会して工事勉強会を開催します。

勉強会では、工事内容や手順、検査での確認事項、記録内容等を共有し、相互確認を行い工事関係者がチームとして工事を進めることで、品質を確保します。

5月度は、設計監理者、施工会社、協力会社(タイル工事会社)、大阪ガス都市開発(品質管理グループ)が参加し、「タイル工事勉強会」を開催しました。

この勉強会では、外装タイル施工する下地の処理や使用する材料の確認、施工時の留意事項、検査内容の確認等を行い関係者で共有し、タイル工事を着手しました。

 

↑床コンクリート打設の状況

↑窓(開口部分のサッシ)の取付状況

↑ユニットバスの設置状況

 

4月の工事進捗状況

7階・8階の躯体(くたい)工事を行いました。

型枠工事(コンクリートを流し込むための枠をつくる工事​)を行い、

コンクリート打設(型枠に流し込む)工事を実施しました。

4月_上本町_建物全景

↑上から見た様子 全景写真

4月上本町型枠

↑型枠と配筋の状況

 

3月の工事進捗状況

・6階の躯体(くたい)工事を行いました。

型枠工事(コンクリートを流し込むための枠をつくる工事​)を行い、

コンクリート打設(型枠に流し込む)工事を実施しました。

*上から見た様子

↑上から見た様子 全景写真

7F建て込み

↑型枠と配筋の状況

6Fコン打設

↑床コンクリート打設の状況

 

2月の工事進捗状況

・5階の躯体(くたい)工事を行いました。

 型枠工事(コンクリートを流し込むための枠をつくる工事​)を行い、

 コンクリート打設(型枠に流し込む)工事を実施しました。

↑上から見た様子 全景写真

↑型枠配筋の状況

↑床コンクリート打設の状況

 

1月の工事進捗状況

・3階と4階部分の躯体(くたい)工事を行っています。

 躯体工事とは、床・柱・壁といった建物の骨組みを作る工事のことです。

↑上から見た様子

・コンクリートを流し込むための枠をつくる「型枠工事」を行いました。

↑型枠工事の状況

↑コンクリート打設の様子

12月の工事進捗状況

・2階部分の躯体(くたい)の工事を行っています。

↑上から見た様子

・コンクリートを流し込むための枠をつくる「型枠工事」の状況です。

↑型枠工事の状況

 

10月・11月の工事進捗状況

・1階の躯体(くたい)工事を行っています。

 躯体工事とは、柱、壁、床といった建物の骨組みを作る工事のことです。

 全体の工事の中で、最も時間を要する工程です。

↑上から見た様子

↑1階配筋工事の状況

9月の工事進捗状況

・地中梁の「型枠建て込み」という、コンクリートを流し込む前に型を作る工事を行っています。

↑上から見た様子

↑地中梁型枠建込みの状況

8月の工事進捗状況

・先月に引き続き、建物の基礎をつくるための掘削(くっさく)工事を行いました。

 基礎部分の底を平らにし、型枠の位置を決めるために敷く「捨てコンクリート」を打設しました。

↑捨てコン打設の様子

↑地中の梁下筋配筋の様子

 

 

7月の工事進捗状況

・建物の基礎を作るための掘削(くっさく)工事を行いました。

上から見た様子

 

・品質と施工性を考え、基礎の型枠に「キーストーン型枠」という素材を採用しました。

施工の様子

 

6月の工事進捗状況

敷地の周りに仮囲いを設置し、掘削工事を開始しました。

↓外からみるとこのような状態です。

↓中はこのような状態です。

 

5月の工事進捗状況

山留(やまどめ)工事を完了し、杭工事を実施中です。

【Topics】

試験杭の立会いを実施しました。

杭は、建物を支える重要な部分の為、掘削の鉛直性や水平誤差の確認、

支持層の確認など多岐に渡る確認を実施しました。

試験杭立ち合い

鋼管杭打ち込み

シーンズレポート一覧に戻る